« 身近な人の死 | Main | 米共和党大会@NY大盛況記念? »

August 31, 2004

祝!再開 署名で書く記者の「ニュース日記」

ブログ界に一大旋風を巻き起こした署名で書く記者の「ニュース日記」が、先ほど、2ヵ月ぶりに、エントリを再開した。
あれだけの大きな反響にめげずに、共同通信という大きな組織に属しているお二人が、ブログでの発信を再開したというその勇気に、素直に拍手を送りたい。
どうか、トラックバックを受け付けるのをやめようかなどというつまらぬ殻に閉じこもらずに、オープンな議論の場を提供し続けて下さい。建設的な議論だけを続けたいのであれば、多くの有名人ブログと同様、コメント機能を切れば良い。トラックバックを切ってしまうと、せっかくブログをやっている意味がほとんど無くなってしまう。
トラックバックを切ってはどうかと考える伊藤さんの周囲の方というのは、マスコミ内に極めて多い、ブログをよく理解していない頭の固い上司か何かなのではないか、と危惧します。

大きなメディアに属しているという意味で、私もお二人と同じ立場です。マスコミという閉鎖的な世界で、自分の会社の看板をしょって実名で発信するというのは、思いのほか勇気がいるものです。
私がブログ上匿名で通しているのも、正直に言って、「大した力の無い今の自分が、組織の中で余計な波風を立てたくない」という、サラリーマン特有の保身の感覚によるものが大きい。余計な波風を立てると、自分がやりたい仕事が必要以上にジャマされるかもしれないという漠然とした恐怖を持っている。
しかも、会社の看板をしょっちゃうと、「公平公正客観的」という呪文に縛られ、責任が生じ、自由に発言するのが難しくなる。「ブッシュが嫌いっ」だなんて、当然、言えませんね。

エントリの内容そのものについては、渦中の人のナマの言葉にしては、「素っ気ないなぁ」という感は否めません。大先輩ジャーナリストとして、もっと深い反省や洞察の弁があっても良かったのではないか、とも思わないでもない。でも、あれだけの大反響で大きなショックを受けられて、社内でもきっと心ないことをいろいろ言われ、今はあれで精一杯なのでしょう。今後のエントリを楽しみに待たせていただきます。

この問題についての考察は、ネットは新聞を殺すのかさんの8月11日のエントリに、極めてコンパクトかつすばらしい形でまとまっています。リンク先の記事も含めてお読みになることをおすすめします。

|

« 身近な人の死 | Main | 米共和党大会@NY大盛況記念? »

Comments

livedoorと通信社って、すごく仲がいいはずの間柄ではないかと私、思っています。トラックバックさせていただきます。よろしく。

Posted by: miyakoda | August 31, 2004 at 06:00 PM

miyakodaさん、コメント&トラバありがとうございます。
確かにlivedoorは通信社にとってはいいお客さんのはずですね。
余談ですが、通信社の記事が、もっと事実だけに集中してくれるようになったらいいなと思います。

Posted by: ゆびとま | September 01, 2004 at 02:00 PM

この前の竹中大臣の新橋演説・全文UPの件ですが、マスコミは発言の一部だけを捉えて報道したり偏向的な報道をしているから、全文読んで判断しようということでしょう?(小泉首相へのインタビューの件も、その前後の話し振りや表情などから判断しようということでしょう?)
それで、リアルタイム情報公開の目的とも似ているため、ゆびとまさんなら理解して頂けると思い、前日はトラックバックさせて頂きましたが、コメントはまだでしょうか?よろしくお願いします。

Posted by: 知恵の樹 | September 04, 2004 at 11:31 AM

知恵の樹さま、すみません。近いうちに考えをまとめてご連絡します。

Posted by: ゆびとま | September 05, 2004 at 12:39 AM

知恵の樹さん、あなたはネットのマナーを知らなさ過ぎる。
あなたに、ゆびとまさんのコメントを強制する権利はいっさいありません。
そもそも、他人のブログでコメントを求めるような発言を行うことじたい非常識も甚だしい。
ゆびとまさん、こんな失礼な人の相手をするには及びませんよ。

お目汚し失礼いたしました。

Posted by: プ | September 05, 2004 at 09:12 PM

プさんの匿名コメント、激しい書き方にびっくりしましたが、実は、少し、賛同します。
知恵の樹さんの「コメントはまだでしょうか」という書き方には、正直にいって、「えっなんでそんな言われ方しなきゃならないの」と思いました。プさんの言う通り、皆がそれぞれ自由に様々なことを発信しているブログの世界で、誰かが誰かにコメントを強制する権利はないと思うからです。
ただ、せっかくのご依頼ですから、もう一度知恵の樹さんのエントリを読んで、きちんとお返事したいと思っています。一度拝読したときに、「なるほどそういう考え方もあるか」と思った記憶があります。お返事は私のペースになりますので、いつになるかはお約束できません。近いうちに、ということで、ご了承ください。

Posted by: ゆびとま | September 08, 2004 at 05:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42022/1321907

Listed below are links to weblogs that reference 祝!再開 署名で書く記者の「ニュース日記」:

» 小池編集長は復帰できるか [ネットde監視、地方議会]
共同通信編集委員室、署名で書く記者の「ニュース日記」のブログ更新が止まっている。 これに関して「週間!木村剛」では、「ジャーナリストなら匿名性に逃げ込まないでほ... [Read More]

Tracked on August 31, 2004 at 03:04 PM

» livedoorのニュースメディア事業の野望を分析する [Think negative, act positive]
ニュースとは、読む側の価値体系に従って、意味のあるものになったり、意味のないものになったりする。瞬間的にものごとを判断しているビジネスマンならだれしも、自分に関... [Read More]

Tracked on August 31, 2004 at 06:03 PM

» ★『署名で書く「ニュース日記」』が2か月ぶりに再開! [あざらしサラダ]
はじめまして、あざらしサラダと申します。 「ニュース日記」の再開を本当にうれしく思います。 [Read More]

Tracked on August 31, 2004 at 10:28 PM

» 『署名で書く記者の「ニュース日記」』への3つの期待 [Fireside Chats]
お帰りなさい。小池さん、伊藤さん。 共同通信社内調整ひとつとっても、2ヶ月間ご苦労が多かったことと拝察します。 一方、このブログが契機となり、ネットの中でもさま... [Read More]

Tracked on August 31, 2004 at 10:48 PM

» 共同通信・小池編集長がブログ復帰 [とんでもない事件簿]
8/31、署名で書く記者の「ニュース日記」が再開される。 待望の復帰第一弾は、反論・批判・反省 沈黙の理由は、 多岐にわたる意見に物理的に対応すること... [Read More]

Tracked on August 31, 2004 at 11:35 PM

» 共同通信 非公然部隊がライブドアに復帰 [Mac de DVD]
署名で書く記者の「ニュース日記」:2カ月の沈黙ライブドアを間借りしながら共同通信という会社名を出し、ライブドア社長の個人攻撃を敢行した社会の公器としてはあるまじ... [Read More]

Tracked on September 01, 2004 at 01:53 AM

» ライブドアと共同通信 [大西 宏のマーケティング・エッセンス]
ライブドアが、報道部門を設置し独自のニュースコンテンツを提供するというニュース・リリースがあったことを「あざらしサラダ」さんのブログで知りました。参加型のメディ... [Read More]

Tracked on September 01, 2004 at 12:41 PM

» アニマル浜口の気合のルーツを探る! [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。オリンピックはすでに閉幕したというのにまだ多少余韻が残って [Read More]

Tracked on September 01, 2004 at 01:01 PM

» 【ブログで建設的に議論する方法について考える】 [あざらしサラダ]
●ブログに記事を書いていると、時折、コメント欄で「論争」になることがある。これも「論争」だけで済めばいいのであるが、ややもするとお互いの「批判」合戦が始まり... [Read More]

Tracked on September 03, 2004 at 09:02 AM

« 身近な人の死 | Main | 米共和党大会@NY大盛況記念? »