« July 2006 | Main | February 2007 »

September 27, 2006

給料3割カット

安倍さんが、給料3割自主返納という記事をヤフーで見て。

へええええ。
なんか、やっぱり、若い人だなぁ。

と、すごく年寄りくさい感想を持ちました。
総理大臣就任後、初めての記者会見で、自分の給与の30%カットを発表したという。

きょうは私は午後はまさにその新総理の組閣情報のスーパー速報打ちまくり担当で、マジ疲れましたが・・・
夜はファイナンスの勉強するためサッサと会社を出てしまったので、会見はまったく見なかった。
夜ニュースも見られる時間に帰って来なかったので、なんも知らずに夜中にネット見てたらビックリ。

歳出削減のために、まずは自分の給料から削減する。
もちろんカネに困っていない人だから出来ることなんだけど。
それを敏感に感じ取って反発する人もいるだろうけど。
私はなんだか好印象でした。
子供もいないし、年齢以上に気持ちも若いだろう安倍総理。めちゃめちゃやりがいのある仕事について、きっと本当に身命を賭してやる気になっていて、できることは何でもやろう、という気持ちになっているのかなぁ、なんて、つい好意的に解釈してしまいます。
うーむ。官邸の広報戦略にまんまとしてやられたか?わたし。

でもね、なんか、真剣にやりたい仕事に、真剣に取り組んでいる人に見えてね。
私も、そういう仕事を、また見つけなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2006

9.11.2006

あの日から、5年がたちました。

一年前のへたれエントリはこちら。
9.11.2005
二年前のエントリ。
9.11 あの日感じた憤りと悲しさと悔しさと

5周年。ことしも、何も、しなかったなぁ。
各局の特番や特集を一生懸命見ました。
あの時、現場に居合わせた記者は、誰も出てこなかった。
オオモノキャスターが真剣な表情をした方が、視聴者にはリアリティがあるんだろうか。
サラリーマン記者って、そんなもんなんだろうか。
みんな私と同じように、組織の壁や、会社の中の立場や、日々やらなきゃならないことに流されて・・・。
何もできなくなっていったのかなぁ。


テロをどうして防げなかったかを詳細に検証した調査委員会の「9.11リポート」の漫画版が最近、出版されました。
ウェブサイトでも公開されています。
Slate.com, The 9/11 Report
タワーが燃えている絵をクリックすれば、漫画の画面が出てきます。
報告書から抜粋された英語の文章を読むのはそれなりに手間ですが、絵がでかいのでかなり分かりやすい。
9.11リポートが出版されたときは「読まなきゃなぁ」と思ったけど一行も読んでない。でも漫画だから、とりあえず二章目までは読んだ。今度こそは最後まで読んでみます。

安定したお給料をもらいながら、何かこだわりを持ち続けて仕事をするってのは、なかなか難しいものです。与えられた環境で、できることをやるしかない。

それでも、せめて・・・
与えられた環境の中で、せめて、「精一杯」はがんばろう、と、自分に喝を入れるため。
やっぱり、この日、エントリを立てることにしました。

というわけで、ゆびとまの超不定期ブログはまだ生きています。ではでは。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | February 2007 »