« 魂を揺さぶられた・・・/「虐待」は「狂気」か? | Main | アンドラージュ・シフ Andras Schiff @紀尾井ホール »

April 20, 2009

キーシン@サントリーホール

母の誕生日祝いを兼ねて、母と二人でエフゲニー・キーシンのピアノリサイタルに行った。日曜の夜だったからか、子ども連れが目立った。きっととてもまじめにピアノの練習をしている子たちに違いない、と、微笑ましい気持ちになる。

曲目はプロコフィエフのバレー「ロミオとジュリエット」から10の小品、戦争ソナタ、そしてショパンの幻想ポロネーズとマズルカとエチュード。
「ロメオとジュリエット」はソフトバンクのCMで有名になった「モンタギュー家とキャピュレット家」も演奏。分かりやすく美しい旋律と迫力ある和音とで素直に楽しめた。
戦争ソナタは、とんでもない大曲。途中で意識を失ってしまった…が、なんだかよく分からないけど凄かった。キーシンがむちゃくちゃ凄いピアニストだっちゅうことだけは分かった。
休憩をはさんで、後半のショパンは知った曲ばかり。特にエチュードは、ポリーニのCDをそれこそすりきれるほど聴いていたので、比較しながら聴く。ポリーニのクールで超絶技巧のエチュードは大好きだけど、キーシンははるかに情緒的で、美しかった。ライブで聴くのなら、これくらいしっとりしているのも素敵だと思う。

しかしもっとも印象に残ったのはアンコール。
なーんと曲目は…
1.ショパン ノクターン8番  ああきれい。
2.プロコフィエフ「4つの小品」op4より悪魔的暗示  うわおぅ
3.プロコフィエフ「3つのオレンジへの恋」より行進曲  おういぇい
4.ショパン マズルカ47番   おおお、まだこんなにたくさん弾いてくれるなんて!
5.ショパン 子犬のワルツ   きゃああああ、こんなに誰もが知っている名曲を!なんてきれいに弾くんだっ音がコロコロコロコロきれい♡ ピアノを習っている姪っ子に聴かせたかったぁ
6.モーツァルト トルコ行進曲   !!!!!ままままさかのトルコ行進曲、まさかのモーツァルト…ペダルはほとんど使わずに、シンプルに、しかしこんなすばらしいピアニストのトルコ行進曲を生で聴けるなんて感動っっ 子供の観客にサービスしたのかなぁ ああしかし、この人のモーツァルト、もっと聴いてみたいなぁ。
7.ショパン ワルツ7番   これも、昔、弾きました、私も。ピアノをある程度の期間習い続ける人なら、誰もが一度は必ず弾く哀しく美しいワルツ。きれいだったよーん。ああなんて貧弱な私の文章力。とっても繊細に細かく細かくペダルを踏んでいた。勉強になるなぁ。ああ、天才ショパンの曲は凡才が弾いてもけっこうきれいなんだけれども、天才が弾くと、本当にため息が出る。

最後の3曲あたりは、弾き終わったら観客ほとんど総立ち。
まだまだ弾いてくれそうでしたが、10時を回って、ついにホールの明るい照明がついてしまいました。
大拍手、大拍手にはにかんだような笑顔で応えたキーシン。とても40歳近いとは思えぬ少年のような風貌。天才少年がそのまま大人になったみたい。女性ファンが次々に差し出す花束やプレゼントをイヤな顔一つせずに受け取るキーシン。

あぁ、いいコンサートだった。母ももちろん大満足。いいバースデープレゼントになりました。よかったよかった♡

|

« 魂を揺さぶられた・・・/「虐待」は「狂気」か? | Main | アンドラージュ・シフ Andras Schiff @紀尾井ホール »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キーシン@サントリーホール:

« 魂を揺さぶられた・・・/「虐待」は「狂気」か? | Main | アンドラージュ・シフ Andras Schiff @紀尾井ホール »