November 18, 2008

魂を揺さぶられた・・・/「虐待」は「狂気」か?

魂を揺さぶられた。
NHKのドキュメンタリー「微笑と虐待~証言 アブグレイブ刑務所事件~」
17日(月)午後10時から放送。会社でテレビに釘付けになった。
(再放送もあるだろうから、見逃した方は是非。以下ネタバレです)

リンディ・イングランド。裸の捕虜を前に笑っていた彼女は、禁固3年の刑に服している。仮釈放の身で、事件から5年、初めてテレビカメラの前で、なぜあんなことをしたかを、自分の思いを、とつとつと、言葉を選びながら、語る。生まれてこのかたトレーラー住まい、つまりは貧困層。そこから抜け出したくて、予備役に志願したという。

あれは日常的なことだった(「虐待」を彼女は自分の言葉として使おうとはしなかった)。上から命令されたと周りのみんなが言っていた。おかしいとは思った、しかし戦時中は誰もみな不安定になるものだ。私はたまたまそこにいただけ。たまたま写真に写っただけ。有罪の理由は、そこにいたから。写真に写ったから。

そして、彼女も軍の方針の犠牲者にすぎなかったことが、丹念に明らかにされていく。

アブグレイブ収容所の所長だったジャニス・カーピンスキー大佐は、頭脳明晰な女性らしく、理詰めで、しかし沸き上がる怒りに少しずつ興奮した語り口になっていく。最後には、捕虜虐待で有罪になった7人は「写真を撮ったから軍そして政府上層部の怒りに触れたのだ、写真を撮ったことで有罪になったのだ」と身を乗り出して大きな声で言い放つ。

私にとってのクライマックスは、偶然に虐待写真を入手し、悩んだ末に匿名で告発した兵士が、ラムズフェルド国防大臣その人に恐ろしい目にあわされる場面。あのラムズフェルドは、告発を「英雄的行為」とたたえながら、本人に何の断りも無しに、実名を議会証言でいきなり公表したのだ。なんという報復。兵士は間もなく裏切り者として軍を去らざるを得なくなった。保守的な土地柄の故郷にも帰れなくなってしまった。「同胞を裏切った者」として恨みを買った結果、地元の住民から危害を加えられる恐れがあるからだという。なんという。非道い。非道すぎる。そして、今後、米軍兵士は誰一人、告発などという割に合わない馬鹿げたことを二度としないだろう。

アブグレイブの虐待が明るみに出て5年。このテーマをここまで追いかけ続けたテレビマンの魂に震えた。エンドロールの最後に、NHKと並んで、制作オルタスジャパンとあった。オルタスジャパンは優秀なディレクターを抱える制作プロダクションだ。あのエンドロールの位置からすると、おそらく、このネタを追いかけ続けたのはNHKプロパーではなく、オルタスジャパンのディレクターではないだろうか。誰であれ、その粘り強さとあきらめの悪さに、心から、拍手。

番組HP
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081117.html
「彼らの証言から浮かび上がってきたのは、アメリカがイラクの民主化という「善意」とテロとの戦いという「理想」を掲げる一方で、密かに進行していたアメリカ軍の狂気そのものだった。」

「狂気」。なんとまあ陳腐な言葉だと思う。番組を通じて要所要所に妙におどろおどろしい音楽が演出的にかかっていたのが気に入らなかったが、番組の制作責任者が、あのすべての騒動を「狂気」と理解しているからかと思うと、妙に納得がいった。

あれは狂気などではない。狂気ならば救いがある。狂気は、一時的な、情に突き動かされた、衝動的なものだ。

実に冷静に計算された拷問方法と、告発者への報復と、あまりに分かりやすいトカゲのしっぽ切り、責任逃れ。人間とは冷徹にそういう計算ができる生き物だ。だからこそ恐ろしい。その性質と、闘わなければ。どう闘う?分からないけれど。その性質と、闘いたい、と思った、学生の頃の情熱を思い出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2005

マキアヴェッリの君主論より

kunshuron最近、友人にすすめられて読んでいるのが、講談社学術文庫の「マキアヴェッリと『君主論』」。著者の佐々木毅氏は言わずと知れた東京大学総長で政治学の大家で古今東西の政治を知り尽くしているはずが、自ら立った選挙で負けてしまうような側面も持っていて、何となく親しみが湧く。
・・・また前置きが長くなってしまったが、思わず二重線を引きたくなるような箇所があったので忘れないうちにメモしておくことにした。

「新制度の導入に対しては、旧制度の利益を享受していた人々がすべて敵にまわり、新制度の受益者は味方として頼むに足りない」

これって、1513年に書かれたものですよ。人間って、ほんっとに、変わっていない。
ちなみに、なぜ頼むに足りないか、マキアヴェッリは二つ理由を挙げています。
1. 旧来の法を握っている敵に対する恐怖
2. 人間の猜疑心・・・確固とした経験を得るようにならない限り、本当には新しい事柄を信じない

その通りだよなぁ。この二つをいかに突破するのか。続きはまたいつか。
 
 
追記<1/16 am1:36>
君主論、なんと隊長が同じ本をオススメしている!!
ので、TBさせていただきました。


追記2<1/16 am1:58>
忘れてましたが、このエントリは、最初にアップした時に、
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post.html
にTBさせて頂いていました。
また思いっきり突っ込みたくなるようなエントリを立てて下さったばかりで。やっぱり気になるブログです。もうすぐ株主総会ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 18, 2004

古田の涙

ストを決断したばかりのプロ野球選手会長、ヤクルトの古田選手がCXのすぽると!に生出演。
番組最後、ファックスで寄せられたファンからの励ましのコメントを聞いている古田の目から、涙があふれてくる。
必死にこらえる古田を見ながら、不覚にも涙してしまった。
想像もつかないようなプレッシャーのもと、給料も考え方もひとりひとり全然違う選手たちを何とかまとめて、ストという重大決断を下す。このことの重みと怖さ。
多くのファンが支持してくれたことが、どれほどありがたく身にしみたことだろう。どれほどホッとしたことだろう。

私もかつて組合幹部をやって、現場にさまざまな不条理を押し付けてきた会社側とケンカした経験がある。今回のことと比べるのは本当におこがましい極めて規模の小さい話ではあるが、必死だった。本気だった。自分なりに、仲間と一緒に、本気で闘った。
本気で闘うのにはものすごくエネルギーがいる。時間がかかる。覚悟がいる。信念がいる。頭も使う。それを、本職にも全力投球しながら、やっている。古田は本当にすごい。
がんばれ。応援するぞ。
選手会事務局にカンパでもしようかと、本気で考えている。

最近強く感じていることだが・・・
日本の経済社会は、一部の既得権益者たちが結果をコントロールできる「根回しと落としどころ」の世界から、誰にも結果の読めない「ガチンコ勝負」の世界に大きく変わろうとしている、と思う。
巨人が必然的に強くなる仕組みを築きあげてきたプロ野球の衰退、再編に名乗りをあげる新興企業、そして選手たちの反乱。まさに時代のうねりの象徴に思えるのだ。
個人的には、みんなにフェアにチャンスがめぐってくるガチンコ勝負の社会に早くなった方がいいと思っている。
そのためにも、選手会、そして古田を真剣に応援したいし、応援の意志を示すために何かできないか、何か動けないか、という衝動を覚えてしまうのです。
何かいい情報ややり方をご存知の方、教えていただければ幸いです。

| | Comments (6) | TrackBack (12)

July 10, 2004

新橋その5<年金問題>と<賭ける思い>

<木村氏、ヤジってるオヤジに応じる形で・・・>
お怒りはですね、ごもっともなんです。

これは本当に竹中さんには申し訳ないですけれども、今回の与党案はひどいですよ。ひどい。
この公的年金をどうするかというのは、本当にわれわれ一人一人関係する問題ですから。これは直してもらわないと困るんですね。じゃあこれ直せるのは誰かという問題になるわけです。
で、この、公的年金の問題は、先ほど竹中さんが言ったんですけれども、当たり前のことを当たり前にやらなかった結果なんですね。(ヤジオヤジ、強い拍手)
竹中平蔵は先ほど何と言いましたか。不良債権の問題、何をするか。まずは実体を見る。そうでしょ?厚生労働省はいまだに実態を明らかにしてないっっっ!そんな役所をそのままにしておいたらダメですよ。(だんだん口調もヒートアップ)

Continue reading "新橋その5<年金問題>と<賭ける思い>"

| | Comments (4) | TrackBack (3)

新橋その4<郵政民営化>

<聴衆>
「年金問題をやってください!!」司会(伊藤達也氏)「年金問題は後でやりますのでもう少しお待ちください・・・」
<聴衆>
「時間ないから。今までの話はテレビでよく見てます。ぜひお願いします。」

<木村剛氏>
年金問題にも関係するこの郵政改革ですけれども、郵政改革というのは皆さんもご存知のように、永田町の方程式がくんずほぐれず、もう三重方程式みたいに難しい問題になっている。それを本当に解きほぐすためには、一番大事なのはどこを見るかなんです。それは国民を見るということ。
(野次 「??と一緒じゃねえぞっっ責任をとらないってことは無責任だよバカやろう!!」)
(木村氏声を荒げる)しっかりと責任をとって改革をしているわけですっっっ!評論家じゃないんだっっ!
ちゃんと本当に実行できない限りは、口先だけで言っている人は百万人いますよ。
本当にこの、郵政改革を成し遂げて、財政の健全化にまでつなげて、先ほどの年金のところまで本当にできるかどうかというのは、やり続けることができるかどうかなんです。

Continue reading "新橋その4<郵政民営化>"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新橋その3<不良債権問題>

<木村剛氏>
劇薬コンビといわれてはや二年、夕刊フジを読むのが本当に怖い毎日だったんですけれども、不良債権問題というのは、実は簡単な問題でした。不良債権問題というのは、不良債権の裏側に、問題の企業がたくさんいるということなんです。問題の企業がたくさんいるということはどういうことか。サービスを売る人、物を売る人がたくさんいるということなんです。本当はその人たちは、残念ながら退場していただいて、若くて元気のいい中小企業やベンチャーや新興企業がそれを補っていくという、新陳代謝がきっちりと行われれば、日本はもっと早く回復できたんです。
しかしそれを、借金棒引き、しかも、失敗した企業だけに借金棒引きというインチキなことをやって、まっとうにやっている人たちが、「こんなのやってらんないよ」と思っていたのが不良債権問題だったんです。

Continue reading "新橋その3<不良債権問題>"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新橋その2

新橋にお集まりのみなさん、こんにちは。金融政策財政担当大臣の竹中平蔵です。というより、参議院比例に立候補している竹中平蔵です。
せっかくのこのような機会、実は、私と木村さん、中々会えないわけです。会っているところ見つかったら、必ず週刊誌が「劇薬コンビ復活」とかですね、二人でよからぬ相談をしているとか、妄想にかきたてられたとんでもないことばっかり面白おかしく書いて、中々お目にかかることもできない。しかし、私が立候補することを決めたその時に、私の気持ちをやはり一番理解して下さったのは、木村さんであり、そして一緒に仕事をしている担当副大臣の伊藤達也さんだったと思います。
時間が限られています。後から皆でトークしますから政策の中身はそのときお話するとして、ぜひいい機会だから、日ごろお話したことのない話を皆さんにぜひ聞いていただきたい。

Continue reading "新橋その2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/7/8新橋街頭演説その1

<訂正>演説の日付は7/8でした。しばらく7/9と掲載しておりました。
また、最初のこのブログは7/10に公開しましたが、当時は竹中氏の名前を伏せて掲載しておりました。読者数は非常に限られると考えたため、法的には「グレーかも?」と思いつつ、掲載に踏み切りました。読みたい人は選挙の前に読みたいのではないかと思ったからです。
<訂正おわり>


感動したというトラックバックがいくつもあったので、木村剛氏の新橋での演説の内容を掲載することにしました。個人的&職業的興味から、録音を起こしたものです。(ブログ初心者なので読みづらかったらすみません)

***
<最初のあいさつ 約3分半>
みなさんこんにちは。今日は竹中平蔵のためにお集まりいただき、本当にありがとうございます。
とはいえ、今日はいいが、一年半前くらいは大変でした。
私と竹中平蔵が並ぶと、諸悪の根源二人組。竹中平蔵が金融担当大臣になると、日経平均は9500円割れる。私が竹中チームに入ると株価は9000円割れる。竹中ショック、木村ショックとも言われて、道も歩けなかった。

Continue reading "04/7/8新橋街頭演説その1"

| | Comments (9) | TrackBack (5)

July 06, 2004

情報は無料化??(ぶろぐデビューです)

今日おもしろかった一言。
ブログについて新聞記事をいろいろ検索してた中で・・・

未来検索ブラジルの竹中直純社長いわく

「(簡単にコピーが可能なデジタル技術の世界では)情報そのものはどんどん無料化する流れにある」
(04/5/18付け日刊工業新聞より)


とにかくブログ始めてみることにしました。
どこまで続くかな?
「長すぎる〜」と一部からあまり評判のよくない「このゆびとまれ」、とりあえず使いつづけることにします。
なんで「このゆびとまれ」なのかは、また後日。
略して「ゆびとま」、じゃ、ダメ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)