November 18, 2008

魂を揺さぶられた・・・/「虐待」は「狂気」か?

魂を揺さぶられた。
NHKのドキュメンタリー「微笑と虐待~証言 アブグレイブ刑務所事件~」
17日(月)午後10時から放送。会社でテレビに釘付けになった。
(再放送もあるだろうから、見逃した方は是非。以下ネタバレです)

リンディ・イングランド。裸の捕虜を前に笑っていた彼女は、禁固3年の刑に服している。仮釈放の身で、事件から5年、初めてテレビカメラの前で、なぜあんなことをしたかを、自分の思いを、とつとつと、言葉を選びながら、語る。生まれてこのかたトレーラー住まい、つまりは貧困層。そこから抜け出したくて、予備役に志願したという。

あれは日常的なことだった(「虐待」を彼女は自分の言葉として使おうとはしなかった)。上から命令されたと周りのみんなが言っていた。おかしいとは思った、しかし戦時中は誰もみな不安定になるものだ。私はたまたまそこにいただけ。たまたま写真に写っただけ。有罪の理由は、そこにいたから。写真に写ったから。

そして、彼女も軍の方針の犠牲者にすぎなかったことが、丹念に明らかにされていく。

アブグレイブ収容所の所長だったジャニス・カーピンスキー大佐は、頭脳明晰な女性らしく、理詰めで、しかし沸き上がる怒りに少しずつ興奮した語り口になっていく。最後には、捕虜虐待で有罪になった7人は「写真を撮ったから軍そして政府上層部の怒りに触れたのだ、写真を撮ったことで有罪になったのだ」と身を乗り出して大きな声で言い放つ。

私にとってのクライマックスは、偶然に虐待写真を入手し、悩んだ末に匿名で告発した兵士が、ラムズフェルド国防大臣その人に恐ろしい目にあわされる場面。あのラムズフェルドは、告発を「英雄的行為」とたたえながら、本人に何の断りも無しに、実名を議会証言でいきなり公表したのだ。なんという報復。兵士は間もなく裏切り者として軍を去らざるを得なくなった。保守的な土地柄の故郷にも帰れなくなってしまった。「同胞を裏切った者」として恨みを買った結果、地元の住民から危害を加えられる恐れがあるからだという。なんという。非道い。非道すぎる。そして、今後、米軍兵士は誰一人、告発などという割に合わない馬鹿げたことを二度としないだろう。

アブグレイブの虐待が明るみに出て5年。このテーマをここまで追いかけ続けたテレビマンの魂に震えた。エンドロールの最後に、NHKと並んで、制作オルタスジャパンとあった。オルタスジャパンは優秀なディレクターを抱える制作プロダクションだ。あのエンドロールの位置からすると、おそらく、このネタを追いかけ続けたのはNHKプロパーではなく、オルタスジャパンのディレクターではないだろうか。誰であれ、その粘り強さとあきらめの悪さに、心から、拍手。

番組HP
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081117.html
「彼らの証言から浮かび上がってきたのは、アメリカがイラクの民主化という「善意」とテロとの戦いという「理想」を掲げる一方で、密かに進行していたアメリカ軍の狂気そのものだった。」

「狂気」。なんとまあ陳腐な言葉だと思う。番組を通じて要所要所に妙におどろおどろしい音楽が演出的にかかっていたのが気に入らなかったが、番組の制作責任者が、あのすべての騒動を「狂気」と理解しているからかと思うと、妙に納得がいった。

あれは狂気などではない。狂気ならば救いがある。狂気は、一時的な、情に突き動かされた、衝動的なものだ。

実に冷静に計算された拷問方法と、告発者への報復と、あまりに分かりやすいトカゲのしっぽ切り、責任逃れ。人間とは冷徹にそういう計算ができる生き物だ。だからこそ恐ろしい。その性質と、闘わなければ。どう闘う?分からないけれど。その性質と、闘いたい、と思った、学生の頃の情熱を思い出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2006

9.11.2006

あの日から、5年がたちました。

一年前のへたれエントリはこちら。
9.11.2005
二年前のエントリ。
9.11 あの日感じた憤りと悲しさと悔しさと

5周年。ことしも、何も、しなかったなぁ。
各局の特番や特集を一生懸命見ました。
あの時、現場に居合わせた記者は、誰も出てこなかった。
オオモノキャスターが真剣な表情をした方が、視聴者にはリアリティがあるんだろうか。
サラリーマン記者って、そんなもんなんだろうか。
みんな私と同じように、組織の壁や、会社の中の立場や、日々やらなきゃならないことに流されて・・・。
何もできなくなっていったのかなぁ。


テロをどうして防げなかったかを詳細に検証した調査委員会の「9.11リポート」の漫画版が最近、出版されました。
ウェブサイトでも公開されています。
Slate.com, The 9/11 Report
タワーが燃えている絵をクリックすれば、漫画の画面が出てきます。
報告書から抜粋された英語の文章を読むのはそれなりに手間ですが、絵がでかいのでかなり分かりやすい。
9.11リポートが出版されたときは「読まなきゃなぁ」と思ったけど一行も読んでない。でも漫画だから、とりあえず二章目までは読んだ。今度こそは最後まで読んでみます。

安定したお給料をもらいながら、何かこだわりを持ち続けて仕事をするってのは、なかなか難しいものです。与えられた環境で、できることをやるしかない。

それでも、せめて・・・
与えられた環境の中で、せめて、「精一杯」はがんばろう、と、自分に喝を入れるため。
やっぱり、この日、エントリを立てることにしました。

というわけで、ゆびとまの超不定期ブログはまだ生きています。ではでは。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2005

9.11.2005

またあの日がやってきた。
もう4回目。あれから丸4年もたってしまったんだ。

あの日のことを思っても、ほとんど痛みを感じなくなった。自分の不甲斐なさも忘れてしまった。
無理をしないと、あの日の空の青ささえ、思い出せなくなりそうだ。

日々、未来を向いて歩いていけることのありがたさが身に沁みる。
でも、過去を忘れてしまうということは、今までの自分を否定してしまうような気がして、とても寂しい。


1年前のエントリ。
9.11 あの日感じた憤りと悲しさと悔しさと


さ、投票に行こっか。今夜から明日はけっこう大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 12, 2004

TARNATION=ののしり、いまいましいこと

この仕事をやっているせいかどうかは知らないが、いつ頃からか、強く思うようになったことがある。
どんな人でも、長編小説の題材に耐えうるような、とても特別な、波瀾万丈の人生を送っている。
どんな人でも、長時間ドキュメンタリーの題材になるような、誰も見たことのないような経験をしたり考えを持っていたりする・・・。


そしたらですね。自分の人生をドキュメンタリー映画にしやがったヤツがいました。やられたぜ。
独立系の映画、TARNATION
tarnation_poster.jpg
公式サイトを見る限り、あらゆる映画批評家が絶賛、サンダンスやカンヌのofficial selectionとなり、ロス映画祭ではベストドキュメンタリー賞を受賞している。
予告編を見ると、どうやら精神病を患っている母親と自分との関係を、赤裸々に20年間撮り続け、それを編集して映画にしちゃったものみたいです。アメリカのあちこちの劇場で10月から細々と上映しているみたい。

Quick Timeをお持ちのあなた、予告編はこちら↓
http://www.apple.com/trailers/independent/tarnation.html

主演・撮影・監督を兼ねたジョナサン・カウエットは31歳。インパクトあるルックス。
「MTV世代の最初のMasterpiece=傑作」なんて文言も踊ってます。
しかしなぁ、これぞ正真正銘の一発屋なんでないか?自分の人生、二度も三度もやりなおせないわなぁ。まあ、20年おきに作れば、3本くらいは作れるか。

・・・ちょっとびっくり感動したので、またこんな時間にエントリ立ててしまった。果たして日本でも公開されるのだろうか。無理だろうな。でもちょっと見てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2004

IQとアメリカ大統領選

NYの千里眼さんがものすごい表を見つけて来ました・・・
http://thousand.exblog.jp/1285450#1285450_1

ほんとかいな〜。要は、IQ高い州はほとんど皆ケリーに投票したという一覧表です。あまりにホントくさくて怖い・・・
元ネタ記事を全部読み込むエネルギーが今ないので、またの機会に。
興味ある方は、ぜひ千里眼さんのところから元記事に行ってみて下さい。英語ですけど。

***
勝手ながら、このエントリは以下の記事にTBさせて頂きました。
http://thousand.exblog.jp/1285450#1285450_1
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20041104
http://www.richstyles.net/archives/2004/11/aaaaeaa.html
http://news-back.cocolog-nifty.com/folder/2004/08/by_nobsaku.html
http://night-news.moe-nifty.com/blog/2004/11/post_1.html
特に最後に挙げた深夜のNewsさんのところでは、比較的リベラルな深夜のNewsさんと、ガチガチの共和党支持者マイクさんとの間での、激烈かつ高度な議論を日本語で読むことが出来ます。なぜアメリカ人があんなに共和党とブッシュを支持するのか、知りたい方は、かなり参考になると思います。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 04, 2004

4 more years

結局、ブッシュ大統領の勝利に終わりそうだ。
今回は4年前と違い、全米での得票数もブッシュ大統領がケリー候補を上回っている。
最初から自信をもって自分の道を突き進むことができるというわけだ。

神懸かり的に、自分の信じたものを信じ込む。人間にはそういう面も必要なのだろうと思う。常に自問自答ばかりしていると、先に進めなくなってしまう。だいたいリベラルな人は、自問自答しがちなのだ。そんなところで、共和党とブッシュを信じている人たちの強さに負けてしまうのかもしれない。

それにしても、これからマイケル・ムーアはどうするんだろう。負けた怒りを新たな作品にぶつけて、いい仕事をするのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2004

大統領選 やっぱり結果はまだ出ない

「一部の米メディアはオハイオをブッシュがとったと伝えている」とNHKの手嶋さんがしゃべったのを聞いて、さっそくネットでまずFOX Newsをチェック。やっぱりここだった! 
なにしろ、4年前、ブッシュ大統領の従兄弟が選挙デスクをつとめていたテレビ局だ。(今年はどうしているのか知らない)
ただ、今回は4年前の教訓が生きているのだろう。他社はおいそれとは追随していない。
とはいえ、まだ他にもあるかもしれないと思い、「3大ネットワークだったらNBCだろうな」と思って見に行ったら、案の定・・・。NBCは、ライバルに先駆けて、様々なニュース番組やニュース・マガジン(EZ!TVをもう少し華やかにした感じの番組)で、ブッシュ大統領や家族の独占インタビューをさせてもらってきている。

4年前のフロリダ州の混乱が、オハイオでも始まるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2004

9.11 あの日感じた憤りと悲しさと悔しさと

*****
追記(9/18):
ブログウォッチャーさんの3周年追悼記事に、9.11テロ発生からおよそ数週間の出来事を再体験できるサイトが紹介されていました。
http://www.mcduffy-edwards.com/attack.swf
ちょっと長いですが、ご覧いただければ、あのおそろしい日がいったいどのようなものだったのかを、現実として認識して頂けるかもしれません。
最後まで見て、あの頃の記憶や感情や疲労悲しみやりきれなさそして助け合う人々の思いやりの気持ちが、まざまざとよみがえってきました。
改めて、亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
それでも、NYやWDCで死んだ人々は、ひとりひとりの写真が残っており、記憶が薄れて行く中でも、なお具体的なイメージをもって追悼することができるのです。おそらく写真の一枚すら残っていない、無数のアフガニスタンとイラク市民の犠牲者に思いを馳せると・・・
言葉に詰まります。
*****

あれから3回目の9月11日。あと13時間ほどで、ちょうど3年になる。

3年前、ニューヨークのツインタワーが崩れ落ちるのをこの目で見た。本当によく晴れた朝だった。空は真っ青だった。今もあの時のことを思い出すと、胸のあたりが言いようの無い重苦しさにつつまれる。
ツインタワーが無くなるなんて。東京タワーが東京の風景から消えてなくなってしまうようなものだ。

あの時の衝撃を、3ヵ月後の2001年12月に文章にした。少し長いが、このエントリの最後に添付した。
ご一読いただければ幸いです。

あれから3年。
世界史を変えた大事件の現場に遭遇しながら、その後、後追い取材をほとんどしていない。ジャーナリストとして、何にもまして取材を続けるべきことがらだったはずなのに。
なぜか。部署が変わったからだ。新しい部署の上司が、この事件を担当する部の部長と、仲が悪かった。そんな理由で、私は同時テロ取材から外された。年末に作られた特番の制作にも関与できなかった。担当部長に、いろいろな取材のアイデアを出したが、すべて無視された。
そしてそのことを、私も、サラリーマンとして、受け入れた。

9.11を思う時、事件そのものに対してあの時感じた憤りと悲しさと悔しさのカケラが思い出され、胸がギューッといたくなり、涙が出てきそうになる。
そしてその後に、本職をまっとうできなかった自分の不甲斐なさを思い出し、胸のあたりに重苦しさを感じるのだ。
どちらもつらいことなので、ふだんはなるべく思い出さないようにしている。

しかし、せめて、年に1度くらいは、この気持ちと向き合わなければ。そう自分自身を鼓舞するため、このエントリを立てた。今は徹夜明けで、文章を冷静に読み返す力も無いが、とにかく今日この日に書かねばならなかったのだ。自分のために。

つまらぬ愚痴にお付き合い頂き、ありがとうございました。

Continue reading "9.11 あの日感じた憤りと悲しさと悔しさと"

| | Comments (4) | TrackBack (4)

September 01, 2004

米共和党大会@NY大盛況記念?

Bush-singes-monkey-apes.JPG

ブッシュ大統領就任当時、たっくさん出回ったブッシュ写真のうちの一つが急に出てきたので、アップしました。
(写真をクリックすれば原寸大で出てきます)
党大会は大盛況のようです。


<追記 05/4/3 am10:57>
jizo.netさんのエントリで同じ話題を取り上げていたのでTBさせていただきました

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 27, 2004

共和党大会もやっぱりブロガー

この一週間、いろいろあって、書きたいことが幾つもあるのだが、なかなか時間が無かったり、考えがまとまらなかったり。とりあえずきょうは簡単な備忘録。2点のみ。

縁あって「ジャンバラヤ」というサイト運営のお手伝いを始めた。大した手伝いは出来てないけど。いつかもう少しちゃんと書きます。ぜひ見に行って下さい。

で、きょうのお題は、またアメリカの話。
ちょっと前のエントリで、アメリカの民主党大会に、初めてブロガーたちが正式な記者登録をし、大メディアに混じって報道をし続けた、という話を書きましたが、30日からNYで始まる共和党大会にも十数名のブロガーが記者登録を許されました。
以下、ウォールストリートジャーナル(若干共和党寄りの新聞)のネット上の記事をそのまま引用。党大会に登録したブロガーたちを紹介しています。とりあえず記事まるごと置いてあります。読んで分析するヒマがあったら、またエントリを立てます。

Continue reading "共和党大会もやっぱりブロガー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)